人間ドック最新情報まとめ


人間ドック最新情報まとめ

人間ドックと言うと、病院に缶詰めになり、色々な検査を受けると言うイメージを持つ人も多いものです。
検査項目数が多くなることで1泊2日になる事も有りますが、人間ドックは自覚症状を持たない病気の早期発見を行う事が目的で、検査項目が多くなることで検査にかかる時間はかかるものの、身体の細部までを検査して貰う事が可能になるのです。

しかし、人間ドックでの検査項目と言うのは、あくまでも重要とされるものだけであり、気になる部分の検査項目が含まれていない場合などではオプション検査を受診する事で身体の状態の確認が可能になるのです。
尚、いくつになったら検査を受ければ良いのかなど、疑問に感じる人も多いものですが、年齢としては40代を越えた時点で受診するのが良いと言われており、通常は2年に一度の割合で、1泊2日などのコースの人間ドックを受け、気になる部分についてもオプション検査を利用して定期的に受診を行うのが早期発見に役立てることが出来ると言います。

5分で分かる人間ドックの基本

人間ドックという言葉を知ってはいても、具体的にどのようなものなのかまではご存知ない方も多いのではないでしょうか。
中には会社などで行われている健康診断と変わらないのではとお思いの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし実際には健康診断と同じ検査項目も人間ドックの方がより細かく調べることができますし、健康診断にはない検査を行う事もできます。
基本的な検査としては身体計測・聴力・視力検査・血液検査・眼底検査・眼圧検査・問診・尿検査・便潜血検査・胸部エックス線検査・胃部エックス線検査・心電図検査・腹部超音波検査・肺機能検査が行われ、これに加えオプションとして心臓や脳、がん、女性特有の病気などの検査を行う事が可能です。
流れとしてはまず予約をすると問診票や便潜血検査などの検査キットが届きますので、当日までにそれらの用意をし、また検査の前の日には食事制限など行う必要があります。
あとは当日病院に行って指示通りに検査を受けましょう。
プランや費用などは施設によって異なりますので、ご自身に合った所を探してみて下さい。